2022年度 年間テーマ「機能性フィルム、新たな市場への挑戦」

2022年度重点課題

  1. 年次テーマに沿った新たな市場、用途などに関するテーマ、並びに会員アンケートにより収集したニーズに基づくテーマの企画と実施
  2. 新たに開発した「機能性フィルムの表面ひっかき硬度」の普及に向け「フィルム物性研究会(連携ラボ)」活用による各種データ集積と普及準備
  3. 市場領域が重複する研究会、学会との協働と共催例会の開催検討
  4. 研究会HPのリニューアル実施と運用開始
  5. 新型コロナ感染状況を考慮した技術交流会開催方法の検討と実施

2022年度開催計画

例会開催予定日開催場所
4月例会(終了)4月20日 (水)タワーホール船堀
小ホール
6月例会及び総会(終了)6月14日(火)タワーホール船堀
小ホール
(夏季特別研修)今年度は中止-
9月例会(終了)9月7日(水)タワーホール船堀
小ホール
ウェブハンドリング技術研究会
との共催例会(終了)
10月21日(金)タワーホール船堀
小ホール
11月関西例会(終了)11月11日京都テルサ東館2~3セミナー室
合同例会2023/2/1東京国際展示場(ビッグサイト)
東2,3ホール
「新機能性材料展2023」展示会会場内

    2023年2月合同例会

    • (開催案内準備中)
    • 開催日:2023年2月1日(水)13:00~16:45(予定)
    • 会場:東京国際展示場(ビッグサイト)東ホール 展示場内特設ホール
    プログラム(講師、講演予定)

    •講演① 「自動車業界における樹脂材料のカーボンニュートラルと資源循環の取組み」
    日産自動車(株)テクニカルセンター 材料技術部 XD3 主管 小松 基氏
    •講演② 「ペロブスカイト太陽電池の高性能化開発の現状と産業化の動向」
    桐蔭横浜大学 医用工学部 教授/ 東京大学先端科学技術研究センター・フェロー 
    ペクセル・テクノロジーズ(株) 代表取締役 宮坂 力氏
    •講演③ 「フィルムを使った超伝導物性探索」
    (大学共同利用機関法人) 自然科学研究機構*)分子化学研究所 教授 山本 浩史氏
    *)自然科学研究機構:「国立天文台」、「核融合科学研究所」、「基礎生物学研究所」、「生理学研究所」、「分子化学研究所」の5つの研究所が連携し、天文学、物質科学、エネルギー科学、生命科学その他の自然科学に関する研究の推進を目指しています。